2020年9月末に原井の著作集2冊目「認知行動療法実践のコツ」が金剛出版から出ます

著作集の第2弾がでます。第1弾の対人援助職のための認知・行動療法―マニュアルから抜けだしたい臨床家の道具が2010年でしたから、10年間で1冊のペースになるのでしょう。 緒言を原田誠一先生からいただくことができました。カ … 続きを読む

2020年3月1日に予定していた日本動機づけ面接協会第8回大会について

ティム・ガデン先生を招いてJAMI第8回大会を行う予定でした 2020年3月1日に日本動機づけ面接協会(JAMI)第8回大会を行う予定でした。京都大学精神科の挾間雅章先生には会長として魅力的なプログラムを作っていただきま … 続きを読む

変わり続ける肺高血圧症治療と患者をつなぐコミュニケ―ション:動機づけ面接(草稿)

動機づけ面接とは 「動機づけ面接(Motivational Interviewing;以下,MI)」とは,協働的な会話スタイルによって,その人自身がもつ変化への動機づけを強めていく方法である(1)。1980年代に心理士で … 続きを読む

2019年6月22,23日 動機づけ面接2日間ワークショップ MI鹿児島勉強会

動機づけ面接を一言でいうとしたら、人を変えるための面接法ということになるでしょう。ここで置き去りにされがちな大事な事実は、他人を変えることは自分も変わるということです。対人援助職として動機づけ面接をしながら、変わるのはク … 続きを読む

強迫症の寛解を目指した治療と維持療法、治療終結 草稿 臨床精神薬理学2019

抄録 強迫症の患者が初診したら、どう治療を始めるべきかについての知識は治療ガイドラインなどによって広く知られるようになった。一方、長期間治療を継続している患者に対してそのまま継続するか、薬を減らすのか、やめるのか、さらな … 続きを読む

認知行動療法事典:介入技法 動機づけ面接(草稿)

動機づけ面接(Motivational Interviewing;MI)はアルコール依存症に対する行動療法のRCTを行っていた米国のWilliam R. Millerが見出したものである。RCT自体は失敗に終わった。コン … 続きを読む

認知行動療法事典:介入技法 エクスポージャー(草稿)

エクスポージャーは不適応的な行動や反応をおこす刺激にクライエントをさらすあらゆる方法を指す。他の方法と同時に用いることが普通である。不安階層表を使うことをほとんどの治療ガイドラインが指示している。飽和技法の場合は同じ言語 … 続きを読む

草稿:心理的支援(動機づけ面接も含めて)

関節リウマチ看護ガイドブック 第2 部 実践知識編 第3章 生活者としての患者に寄り添う看護 羊土社 Point 動機づけ面接はコミュニケーションのスタイルの一つである、診療に限らず職場でのやり取りにも使える 一般的な“ … 続きを読む

行動分析学事典:CRAFT コミュニティ強化アプローチと家族トレーニング(草稿)

CRA(Community Reinforcement Approach、コミュニティ強化アプローチ)は対象者の生活全体の環境調整を系統的に行うことで問題行動の弱化と他行動の強化を達成することである。CRAFT(Comm … 続きを読む

“Empathic Exposure; How can an intensive exposure therapy session turn to be empathic?” at the MINT Forum 2018 in New Orleans

Abstract The foundation of Motivational Interviewing is empathy and compassion. We reflect how clients think a … 続きを読む